おでかけ

青根キャンプ場は川遊びに温泉など家族で楽しめる魅力がいっぱい

青根キャンプ場のブログのアイキャッチ

神奈川県相模原市にある青根キャンプ場。

この青根キャンプ場には場内に道志川が流れています。

川遊び用の道具を持参すれば、川遊びもできます。

またキャンプ場の隣には、徒歩で行ける日帰り温泉も。

キャンプの時は、キャンプ場のシャワーで済ませるor車で温泉まで行かないといけないところが多いですよね。

なので、徒歩圏内に温泉があるキャンプ場はとても魅力的。

小さいお子さんがいるファミリーや初めてのキャンプをする方には、キャンプをしやすいキャンプ場だと思います。

 

青根キャンプ場は、テントサイトからバンガローと種類が多い

テントサイトはフリーサイトがいくつかの場所にわかれてあるので、自分のキャンプスタイルにあわせて選ぶことができます。
バンガローもエアコン付きやロフト付きのバンガローがあるので、キャンプ初心者でもキャンプがしやすいです。

我が家は未就園児がいるので、エアコン付きのバンガローを選択してキャンプをしました。

青根キャンプ場のエアコン付きバンガローの体験レポのアイキャッチ
青根キャンプ場のバンガローは、エアコン付き。夏場でも安心で快適に過ごせます。神奈川県相模原市にある青根キャンプ場。ここには、エアコン付きのバンガローがあります。10棟限定でログハウス仕様のエアコン付き+ロフト付きのバンガローも。エアコン付きだと夏の暑い日のキャンプでも安心です。小さな子がいるご家庭やテントを持っていないけど、キャンプをしてみたい方におすすめです。我が家の体験レポを写真付きで紹介しています。...

受付と売店は同じ場所にあります

我が家はバンガローを予約していたので、バンガローでの受付を中心に書いています。
テントサイト(電源無し)は予約不要なので、バンガローでのキャンプと手順は違うところがあります。

バンガロー利用の場合は、車で受付付近まで行きます。
駐車スペースがあるのでそこに駐車して受付でチェックインします。

電源無しサイトの場合は、受付付近まで車で行きます。
先着順で受付となるので、前に車がいる場合はぬかさないように気を付けましょう。

料金は先払いです。

受付時にバンガローの場所と車を停める位置を教えてもらえます。

その際にキャンプ場内の地図にチェックをつけてくれた地図もいただけます。
青根キャンプ場の地図

炊事場

水のみの水道なので、お湯はでません
青根キャンプ場の炊事場

 

スポンジや洗剤は置いていないので、各自で用意しましょう!

炊事場の横にテーブルがあるので、そこで材料を切ったりなど料理の下準備ができます。

青根キャンプ場の調理場

この写真↑の調理台は、他の炊事場とくらべて小さいです。
もう少し大きい調理台がある炊事場もあります。

 

トイレ

トイレは洋式でウォシュレット付きです。
青根キャンプ場のトイレ

トイレットペーパーは備え付けなので、安心です。

音姫や温かくなる便座機能があります。

おむつ替え用の台などはありませんでした。

キャンプ場なので仕方ないですが、夜になると虫が入ってきたりします。

すごくきれいというわけではないですが、比較的使いやすいトイレでした。

ごみを捨てられる

炊事場の横にごみを捨てられる場所があります。

青根キャンプ場のごみ箱

きちんとごみの分別が必要です。

飲み物系は、ペットボトル、缶、ビンの分別が必要です。

青根キャンプ場の缶・ペットボトルのごみ箱

金網やダンボール、発泡スチロールなどは捨てられないので、持ち帰りましょう。

場内には道志川が流れています

青根キャンプ場内には道志川が流れています。

川の真ん中の方は、大人のお腹くらいの深さがあります。

川遊びをする時はライフジャケットをつけて安全に気を付けてください。

小さい子にはちょっと深いので、浮き輪などが必須です。

小さい子でも遊びやすい小川もあるので、そこで遊ぶ方が安全です。

青根キャンプ場の道志川浅瀬

この浅瀬は我が家の3歳児の足首くらいの深さでした。

石があり、足元がグラグラすることもあります。

はだしで遊ぶのは危険なので、かかとが入る靴(マリンシューズやスニーカーなど)をはいて遊んでくださいね。

夏でも川の水は冷たいこともあるので、ラッシュガードを着ておくといいかもしれません。

レンタル品もあります。

青根キャンプ場のレンタル品の券売機

枕や毛布などの寝具類、トングや鍋、包丁などの調理器具のレンタル品も。

このレンタル品は、受付ではなくレンタル品が借りられる場所での貸し出し・返却となります。

券売機があるので、借りたい品物の券を購入して、その券と引き換えでレンタルできます。

 

夕方には閉まってしまうので、レンタルしたい物があったら、早めに借りにいきましょう。

テントやタープのレンタルもあるので、手ぶらでキャンプもできちゃいますね。

ちなみに我が家はマットレス(1枚320円)をレンタルしました。

青根キャンプ場のレンタルマットレス

写真はマットレスを3枚重ねた厚さです。

有料シャワーもありますが、徒歩圏内に日帰り温泉があります

青根キャンプ場内に5分100円の有料シャワーがあります。

でも、魅力的なのは青根キャンプ場の隣にある日帰り温泉のいやしの湯

サウナや露天風呂などがある日帰り温泉です。

歩いて行けるというのが、とてもいいですよね!

誰が運転するっていう話し合いもないですし、いやしの湯の営業時間内ならいつでも行きたい時に温泉に入れるっていうのが最高!

すずめ
すずめ
家族や友だち同士でもお風呂に入りたいタイミングって違ったりするので、徒歩圏内に温泉があると自分の好きなタイミングで行けるのがポイント高いです

 

いやしの湯の体験レポブログのアイキャッチ
いやしの湯をおむつをはいている子どもと利用してみた神奈川県相模原市のにあるいやしの湯。周辺にはキャンプ場が多くあり、キャンパーさんの利用も多いです。我が家は子連れキャンプで、おむつをはいている子を連れて、いやしの湯を利用してみました。その時の利用方法などをブログで紹介しています。...

青根キャンプ場の料金はどのくらいかかる?

3歳以上の利用者1人あたりに必ずかかる料金が、入場料、清掃料です。

車で来た際は、車1台につき駐車料金も。

デイキャンプでも宿泊の利用でも金額は違いますが、料金がかかります。

 

入場料 ●デイキャンプ
・大人(中学生以上) 450円
・子ども(3歳以上) 350円
●1泊
・大人(中学生以上) 780円
・子ども(3歳以上) 550円
駐車料金 ●デイキャンプ
・小型車(乗用車) 530円
・単車       320円
●1泊
・小型車(乗用車) 1200円
・単車       420円
清掃料 ●デイキャンプ
・3歳以上1人あたり 80円
●1泊
・3歳以上1人あたり 100円

 

バンガロー利用の場合

バンガローは、広さ、エアコンの有無などで料金が変わります。

最低料金は6900円。(6畳、エアコン無し)

最高値は33000円。(30畳、エアコン付き)

6畳のバンガロー代

・エアコン無し 6900円
・エアコン付き 7900円
・ロフト、エアコン付き 10200円

すずめ
すずめ
6畳はエアコンの有無やバンガローの種類が3つあるので、選択肢があるのはいいですね。
キャンプをする季節にあわせて、選べるのはポイント高いです。

バンガローの広さは、6畳、12畳、16畳、20畳、30畳があります。

グルキャンなどで一緒のバンガローに宿泊することもできますね。

6畳以上のバンガローの利用料金は、青根キャンプ場の料金表を参考にしてください。

テントサイトの料金

テントサイトの料金は、電源の有無、テントの広さで料金が変わります。

電源サイトは、デイキャンプ、宿泊共に+1000円。

テントは持ち込みテント敷地料として、料金が発生します。

持ち込みテント敷地料

●2人用以下1張り
・デイキャンプ 500円
・宿泊     700円

●5人用以下1張り
・デイキャンプ 900円
・宿泊     1200円

●6人用以下1張り
・デイキャンプ 1200円
・宿泊     1700円

●ツールーム
・デイキャンプ 1400円
・宿泊     2000円

●スクリーンテントタープ
・デイキャンプ 900円
・宿泊     1200円

割引サービスもあり

神奈川県民共済に加入していて、わかばカード及びアプリを持っている人は割引を受けることができます。

予約時と現地での受付の時にわかばカード及びアプリを提示すると総額から10%OFFになるんです!

10%OFFが適用されるのは、現金での支払いのみ。

また、他の割引とは併用できません。

近くのスーパー、コンビニ

中央道からきた場合は、ナビなどの案内によっては買い物できるスーパーがないです。

なので、相模湖プレジャーフォレスト方面を経由してください。

圏央道経由だとナビから少しはずれたところにスーパーがあります。

三ケ木にスーパーなどがあります

中央道利用で相模湖プレジャーフォレスト方面からくると、青根キャンプ場へ向かう途中のスーパーがあります。

また圏央道から来た場合は、キャンプ場に行く前の交差点を少し通り過ぎるとスーパーがあります。

マルエツ 三ケ木店

こちらのマルエツはキャンプ用に使用しやすい食材が豊富。

野菜はカレーセットがあったり、フランクフルトや焼き鳥などは家族用から大人数用と量も選べるので人数にあった量が購入しやすいです。

圏央道からきて、マルエツで買い物をしたい場合は、ナビの目的地を青根キャンプ場にしてしまうとスーパーへ行く前に交差点を通過してしまいます。
必ず、目的地をマルエツ三ケ木店にしてください。

 

マルエツの他にもお店があるので、忘れ物があったとしても大丈夫。

・クリエイト(ドラッグストア)
・タカハシ(激安衣料品店)
・ワッツウィズ(100円均一)

店によっては、BBQ用の炭・薪も販売しています。

すずめ
すずめ
我が家は毎回ここで食材などを買い物してから、青根キャンプ場に向かってます。

コンビニはセブンイレブン

こちらも中央道を相模湖プレジャーフォレスト方面経由で青根キャンプ場に向かう前提となります。

圏央道を経由してくる場合は、青根キャンプ場に向かう途中であるので大丈夫。

セブンイレブン相模原津久井青野原店

駐車場も広く、キャンプやバーベキューに使用できるおもちゃや野菜なども販売しています。

青根キャンプ場の基本情報

コロナウイルス感染拡大状況によっては、営業時間など変わる可能性もありますので、おでかけの際はご注意ください。

名称 緑の休暇村 青根キャンプ場
住所 神奈川県相模原市緑区青根807
アクセス ・圏央道 相模原I.Cから20分

・中央道 相模湖I.Cから20分

・JR中央本線 藤野駅からバス ふじなみ温泉行15分 やまなみ温泉乗り換え下車

・JR横浜線・京王相模原線 橋本駅からバス
三ケ木行バス30分 終点乗り換え
東野行バス35分、 終点下車徒歩20分

電話番号 0427871380
チェックイン・アウト イン 13:00~
アウト10:00まで
予約方法 バンガロー、電源付きテントサイトは電話での事前予約が必要。
(電源無しテントサイトは当日先着で受付)電話予約0427871380
受付時間 8:00~17:00

まとめ

・青根キャンプ場は、電源ありテントサイトとバンガローは事前電話予約(受付時間は8時~17時)が必要。
0427871380

・電源無しテントサイトは当日先着受付(8時から受付)

・隣には徒歩で行ける日帰り温泉もある

・川遊びができる川がある

・虫取りが好きなお子さんは、虫取り網も持参してもいいかも。
運が良ければ、クワガタやカブトムシなどを見つけられるかも。

すずめ
すずめ
温泉に川遊びなど魅力たっぷりの青根キャンプ場。
マナーを守りながら、キャンプを楽しんでくださいね!

 

青根キャンプ場のエアコン・ロフト付きバンガローの体験レポ↓

青根キャンプ場のエアコン付きバンガローの体験レポのアイキャッチ
青根キャンプ場のバンガローは、エアコン付き。夏場でも安心で快適に過ごせます。神奈川県相模原市にある青根キャンプ場。ここには、エアコン付きのバンガローがあります。10棟限定でログハウス仕様のエアコン付き+ロフト付きのバンガローも。エアコン付きだと夏の暑い日のキャンプでも安心です。小さな子がいるご家庭やテントを持っていないけど、キャンプをしてみたい方におすすめです。我が家の体験レポを写真付きで紹介しています。...

 

隣のいやしの湯の子連れ体験レポ↓

いやしの湯の体験レポブログのアイキャッチ
いやしの湯をおむつをはいている子どもと利用してみた神奈川県相模原市のにあるいやしの湯。周辺にはキャンプ場が多くあり、キャンパーさんの利用も多いです。我が家は子連れキャンプで、おむつをはいている子を連れて、いやしの湯を利用してみました。その時の利用方法などをブログで紹介しています。...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
すずめ
神奈川県在住の30代、おでかけが大好きな3児のママです。子どもは11歳、9歳、3歳の年の差きょうだい。週末や子どもの休みの日にどこへでかけようか考えるのが趣味。夢は47都道府県、全部に行くこと!ご当地品も大好きで、よくおみやげに購入してます。Twitterでおでかけの感想などいろいろとつぶやいてます。