おでかけ

相模原市立博物館は入館料無料。小さな子でも楽しめるコーナーがたくさんあります!

相模原市立博物館の体験レポブログのアイキャッチ

神奈川県相模原市にある「相模原市立博物館」。

こちらの博物館は、なんと入館無料!!
(プラネタリウムを利用する場合は、別途費用が必要です)

相模原市民だけが入館無料なのと思いきや、他の地域に住んでいても入館無料なんです。

家族でのおでかけには、とてもありがたい施設です。

博物館というとちょっとお堅いイメージがありますが、自然や昆虫・動物の標本やレプリカが見られたり、トリックアートがあったりと楽しめるコーナーもあるんです。

また、博物館の中には授乳室や休憩スペースもあるので、小さなお子さん連れでも大丈夫。

小さなお子さんで、文字が読めなくても目で見て楽しむことができる相模原市立博物館です。

それでは、我が家の体験レポを紹介します。

自然や歴史の展示物がおもしろい

相模原市立博物館の1階の半分以上のエリアをしめるのが、自然・歴史展示室です。

昔の人の生活や歴史、生息していた動物や昆虫などが図解や標本、レプリカ等で再現されています。

文字だけで読むよりも実物に近い状態でおいてあると、よりわかりやすいですよね。

字が読めない3歳前半の末っ子でも興味を持って、見ていました。

1つ1つゆっくりと見たくなるレプリカが多い

展示室に入るとどどーんとマンモスの骨の標本があります。

キバが長くて立派なので迫力があります。

相模原市立博物館のマンモスの骨

昔の人々のくらしがわかるコーナーでは、家が1軒建っています。

 

相模原市立博物館のカラぶき屋根の家

 

かやぶき屋根で、家の中も昔に使用していた道具などが展示してありました。

すずめ
すずめ
家の中に入って見てみたかったのですが、残念ながら家の中には入ることができませんでした。

 

相模原市立博物館の自然のなりたち

室内なのに外で見ているかのようなリアル感です。

天文展示室

天文展示室には、日本の宇宙飛行士さんのサインやメッセージなども展示してあります。

宇宙のことが学べるパネルが多いです。

コスミックシアターでは、宇宙のことをテーマ別に数分の映像が流れています。

相模原市立博物館のコズミックシアター

椅子が置いてあるので、ゆっくりと映像を見ることができました。

また、天文展示室の隣には天体や宇宙に関する本がたくさん置いてある天文研究室があります。

こちらでは自由に本を閲覧することができるので、本が好きなお子さんにおすすめのコーナーです。
(絵本系は少ないので、小学生以下の子には少し難しいかもしれません)

 

相模原市立博物館のはやぶさの模型

相模原市立博物館の近くにジャクサがあるので、宇宙探査機のはやぶさの模型もありました。

 

顔出しパネルやトリックアートもある

我が家が来館した時は、1階のミュージアムショップの近くに顔だしパネルが2つ設置してありました。

子どもたちは、顔出しパネルが好きなので、来館した記念に撮影してきました。

相模原市のマスコット・さがみん

相模原市立博物館の顔出しパネルのさがみん

こちら↓のキャラクターの名前がわからずでした・・・

相模原市立博物館の顔出しパネル

 

トリックアートがおもしろい

急にどどーんとでてくるトリックアートコーナー。

相模原市の住宅街がトリックアートとしてえがかれていました。

相模原市立博物館のトリックアート
すずめ
すずめ
街並みをトリックアートにするアイディアがおもしろいですよね

 

2階の休憩コーナーは、のんびりできる

2階にある休憩コーナー(喫茶室)は、陽当たりがよくて、とても明るいです。

ここにはテーブルと椅子がセットになってて、ゆっくりと過ごせる雰囲気。

子ども用の椅子もいくつか用意されていました。

相模原市立博物館の喫茶室

休憩コーナーで飲食をすることができるので、お昼ご飯やおやつタイムの休憩にはちょうどいいと思います。

(コロナ感染予防のために使用できないこともあるかもしれないので、利用前に事前に確認してみてくださいね)

飲み物の自動販売機も紙コップででてくるコーヒー類や缶やペットボトルに入ったもの等、選べるのが嬉しいポイント。

飲料系の自動販売機の隣には、ホットスナックの自動販売機もあります。

相模原市立博物館の喫茶室の自販機

温かい物を手軽に食べられるのはいいですよね。

 

2階には授乳室もあり。

休憩コーナーの近くに授乳室もあります。

休憩コーナーの隣にある市民研究室(たくさん本が置いてある図書室のようなところです)にいる学芸職員さんに声をかけると授乳室を貸してもらえるそうです。

相模原市立博物館の授乳室案内

写真が反射で見えにくくてすみません・・・

今回は使用しなかったので、場所や雰囲気などは未確認です。

すずめ
すずめ
授乳室が使えるという案内は、館内に掲示されているので、利用する際は声をかけてみてくださいね

 

プラネタリウムもあります

中に入るには料金が必要となりますが、プラネタリウムもあります。

ゆっくりと座って、星座や宇宙のことを学べるいい機会になると思います。

プラネタリウム観覧料

個人利用の場合
・大人 500円
・こども 200円

こども料金は、4歳以上中学生以下です。

相模原博物館の基本情報

コロナウイルス感染拡大予防のため、変更となっている場合もあります。

来館前に相模原市立博物館ホームページなどで確認してください。

 

名称 相模原市立博物館
住所 神奈川県相模原市中央区高根3丁目1-15
アクセス ・JR横浜線 淵野辺駅 南口から徒歩20分
バス 「青葉循環博物館」廻り または 「共和」廻り行に乗車「市立博物館前」下車 すぐ・JR横浜線 相模原駅 または 小田急電鉄 相模大野駅
バス 「相模原駅⇔相模大野駅」行
「宇宙科学研究本部」 下車5分・JR 相模線 上溝駅
バス 「淵野辺駅南口」行
「弥栄」 下車8分
駐車場 95台
駐車代金 無料
営業時間・休館日 9:30~17:00

<休館日>
・毎週月曜日
・国民の祝日の翌日
(月曜日が国民の祝日の場合は、翌平日が休館日)
・年末年始
(12月28日~1月3日)
・その他 臨時休館する場合あり

入場料 無料
プラネタリウムや全天周映画を利用する場合は、別途費用が必要
電話番号 042-750-8030
授乳室 2階にあり
コインロッカー あり
相模原市立博物館のコインロッカー
すずめ
すずめ
コインロッカーはデポジット式なので、使用後に100円が返却されます。
事実上、無料で使用できます。

コロナウイルス感染拡大予防のために3歳以上の方はマスク着用が必須です。

幼児のお子さんと一緒に来館する際は、マスクを忘れないように気を付けてくださいね。

 

まとめ

・入館料無料で楽しむことができる。
(プラネタリウムは別途費用がかかる)

・休憩コーナーには、飲み物とホットスナックの自動販売機がある。

・授乳室やコインロッカーがあるので、小さい子がいてのおでかけも大丈夫。

・3歳以上は入館するのにマスクが必要なので、必ずマスクを持参する。

・駐車場は無料。

 

すずめ
すずめ
入館料も駐車場代も無料なんて、家族のおでかけにはありがたすぎる施設です。
楽しめながら、学ぶことができるのでおすすめです
ABOUT ME
すずめ
すずめ
神奈川県在住の30代、おでかけが大好きな3児のママです。子どもは11歳、9歳、3歳の年の差きょうだい。週末や子どもの休みの日にどこへでかけようか考えるのが趣味。夢は47都道府県、全部に行くこと!ご当地品も大好きで、よくおみやげに購入してます。Twitterでおでかけの感想などいろいろとつぶやいてます。